ワインを通じてスイス文化を日本のみなさまへ

Swiss Culture for Japanese People through Swiss Wine

スイスワインへの想い

スイス…その国の素晴らしさに魅了されたのは1994年の初めての出張でした。

その後1年在住、帰国後も毎年訪れ、26全州(+リヒテンシュタイン公国)を巡り訪問回数は30回を超えました。

 

訪れるたび、自然と共存しながらのスイスの人々の生活、美しい風景、自国のものを大切にする食生活、そしてなによりも彼らの温かい人柄に触れどんどんスイスの虜になっていきました。

 

そんな中での衝撃の出会い~それは1本のスイスワインでした…

 

ある夏いつものようにスイスを訪れ同僚の自宅に招かれ「何も聞かずにとりあえずこのワインを飲んでみろ」と出された白ワイン。口に含むとなんと赤ワインのような味が!素直にそのように感想を述べると、「そう、メルロ注)で造られた白ワインだよ」という言葉が返ってきました。その時の驚きと感動は今でも鮮明に覚えています。

注)メルロ種のブドウの多くは赤ワインが作られます。

 

それまでは、多くの日本の方と同じようにスイスでワインが造られている事、しかもこんなに美味しいワインを造っているなんて知りませんでした。

 

森本純也 (合同会社ヘルベティカ 代表)

Junya Morimoto (CEO of  Helvetica)

スイスワインに魅せられた私は、出張や旅行のたびに各地のワインを購入しては日本に持ち帰り、ワイン好きの友人達と共に西欧料理だけでなく中華料理や和食とのマリアージュを楽しんできました。

アルプスからのミネラル豊かな土壌で造られるスイスワインは、出汁の効いた日本の家庭料理にもとてもよく合います。

 

「世界一のお金持ちであるスイス人」が毎日の食卓で飲むワイン、その多くは自国生産のものです。ワイン大国でもあるスイスはそれだけでは追いつかず、自国生産量の約3倍ものワインを輸入しています。

それゆえ、スイスワインが国外に出回ることは滅多にありません。

スイスのワインはボルドー、ブルゴーニュ、バローロなどの高級ワインにも遜色のない素晴らしいものなのです。

 

ある秋、私がいちばん惚れ込んでいるワインの生産者さんのぶどう畑で収穫のお手伝いをしていた時のことです。

そこに集う地元の人々との交流を通して、そして自分の手で摘みとられたぶどうたちがあの素晴らしく美味しいワインになるんだという感動の空間に身をおく中で、この美味しさの感動を僕ひとりで味わうなんて贅沢過ぎる!
どうしても日本のみなさまにも知っていただきたいという何か強いものがふと心に湧いたのです。

貿易ビジネスも酒類ビジネスの経験も全くなかった私ですが、そんな強い想いと夢がどんどん膨らみ、31年間勤務していたスイス系企業を退職し2019年に故郷神戸に戻り、スイスワイン専門商社「ヘルベティカ」を設立しました。

社名「ヘルベティカ」はラテン語で「スイスの」という意味です。

 

ヘルベティカは、味だけでなく独自の理念と哲学に共感したワイナリーで、毎年ぶどうの収穫を手伝うなどして生産者との信頼関係を築きながら交渉を重ね、スイス国内にしか流通していないワインを日本に輸入しています。
 

理念は「Beyond the Glass ワインを通じてスイス文化を日本のみなさまへ」


 

スイス文化をみなさまに知っていただきたい、ワインや様々な発信を通じて共感していただきスイスに興味をもったり好きになっていただきたい、それが「ヘルベティカ」の最終ゴールです。

私が魅了されたワインをみなさまにご紹介することで、そのグラスの向こうに見えるスイスの人々や文化を感じていただくことができれば喜ばしい限りです。
 

物価が世界一高いこと、家族経営で大量生産できないこと、山がちの国土で畑の手入れや収穫は人手で行われていること、積み出し港までの陸送コストが高いこと、良い状態を保つために温度管理のされたコンテナで運んでいることなどから、大量生産・大量輸出されているフランスやイタリアワインに比べると価格は高いですが、私の想いの詰まった素晴らしいワインを一人でも多くの方に知っていただきたいと願っています。

 

決して安くはないワインですからデイリーワインとして毎日飲んでいただくことはできないかもしれませんが、ヘルベティカは週末のくつろいだひととき、家族・友人達との大切なひとときや特別なシーンでの食卓に華を添えることができる素晴らしいワインをセレクトしています。

 

また独特の食文化と肥えた味覚を持つ日本のみなさまに知っていただくことで、新しい食卓の提案もしていきたいと考えております。

 

グラスを傾けながらその向こうに見えるスイスに想いを馳せていただければ幸いです。

 


 

もうひとつの横顔

自称「日本No.1のスイス愛好家」である私は、スイスにまつわる様々なことをブログで綴っています。

また、料理することも好きで自らブレンドしたチーズとスパイスで作るチーズフォンデュは国内では右に出る者はいないと自負しています。

その他チューリヒ風仔牛のクリーム煮、レバー煮込み、レシュティ(ロスティ)などレパートリーも沢山あり、スイスワインと共に味わっていただきたいスイス料理のレシピもクックパッドで紹介しております。​

 

このような活動を通して、ひとりでも多くの方々にスイスを身近に感じていただければたいへん嬉しく思います。


 

合同会社 ヘルベティカ

testlogo.png

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

特定商取引法に基づく表示  酒類販売管理者標識  SDGsに対する取り組み

©2019 Helvetica, LLC