スイスでワイン造ってるの?

かなりのワイン好きの方でも「スイスでワイン造っているの?」と驚かれることがよくあります。

他のヨーロッパの国々と同様、スイスでもワインは造られているのです。
しかし、生産量の98%が自国消費のためたった2%しかスイス国外に出回らず、輸出先もほとんどがドイツのため、その存在は世界的には知られていません。
ソムリエの教科書でもスイスワインに関するページは2ページほどしかなく、スイスワインを飲まれたことがないソムリエの方も多いのです。

年間生産量は1億リットル、世界最大のワイン生産国のイタリアの49億リットルの約1/50とそう多く生産されていませんが、ワイン造りは非常に盛んで、人口約857万人の国で1,000以上のワイナリーがあるといわれています。
日本における日本酒の酒蔵は1,400以上あると言われておりますが、ワイナリー(酒蔵)の人口比率は日本の10倍もあるのです(スイスは8人に1つのワイナリー、日本は85人に1つの酒蔵)。

スイスワインの歴史​

紀元前3000年には既にぶどうが存在しており、その当時からワインが生産されていたと推測されます。一般的には古代ローマ人がワイン生産をもたらしたと言われており、2,000年以上ワインを造っている歴史があります。

中世にはブルゴーニュからシトー会の修道士がやって来て急斜面を切り開き、棚畑を作り、何キロにもおよぶ壁を作るなど、ワイン造りの伝統を築き上げました。(棚畑や壁は今でも残っています)

長いワイン造りの歴史はあるものの、かつてのワイン産業はスイス連邦政府から保護されていたため、ワイン生産者の多くは品質向上に対するモチベーションは持ち合わせていませんでした。
 

ところが1980年代になり、外国産のワインの輸入が自由化され競争原理が持ち込まれたことによって生産者たちの意識が変わりました。

それら生産者の子息たちはブルゴーニュ、ボルドー、カリフォルニアといった銘醸地でぶどう造りや醸造を学び、スイスワインの品質向上に大きく寄与しました。

スイスのぶどう畑と産地​

スイス全土でワインは造られており、九州とほぼ同じ広さの国土(41,285㎢)のうち約15,000ha(150㎢)をぶどう畑が占めています(国土の約0.4%)。

15,000haという数字はフランスのワイン産地の一つであるアルザスとほぼ同じ、ブルゴーニュの約半分です。

主な産地と生産量の割合は、ローヌ川畔のヴァレー(ヴァリス)州35%、レマン湖畔のヴォー州26%、ジュネーブ州9%、ティチーノ州6%、ドイツ語圏のグラウビュンデン 州やバーゼル地方などが残り20%を占めます。

スイスの景観といえばアルプスを思い出される方も多いと思いますが、ヴォー州のラヴォー地区にあるぶどう畑はユネスコの世界遺産にも指定されているほどの美しい景観を誇ります。
また、ヴァレー州のヴィスペルターミーネンにはヨーロッパで最も標高の高い場所にある(標高1,150m)ぶどう畑があります。

​スイスのぶどう品種

​​スイスでは250種類以上の品種が栽培されており、シャルドネやピノ・ノワールといった国際品種やスイスの土着品種、土着品種ではないものの他の国ではあまり栽培されていないぶどう品種があります。

また、バイオテクノロジーの先進国であるスイスでは様々な品種改良が行われています。

主な品種は白ではシャスラ(全生産量の27%)で、赤はピノ・ノワール(全生産量の29%)です。
土着品種としてはプティット・アルヴィン(白)、ウマーニュ・ブラン(白)、ウマーニュ・ルージュ(赤)、コルナラン(赤)、ギャマレ(赤)、ギャラノワール(赤)といった多くの方が初めて聞かれるようなぶどう品種が栽培されています。

珍しい品種をいろいろ試すのもスイスワインの楽しみのひとつですね。​

​スイスのワインって高いの?

スイスワインを知る人からよく言われるのが「スイスワインは高い」です。
その一番の理由は物価が高いことです。ハンバーガーのビッグマックが1個約750円と日本の約2倍もします。

また、山の多い国土でぶどう畑を開墾、維持するための費用は非常に高いものになるのもワイン生産のコストを高めている理由です。
しかし、ワインの「値段」ではなく「価値」を考慮するとどうでしょうか。

ワイン生産者で元スイスワイン推進協会長のGilles Bessseはこう言っています。


「安いスイスワインは高い、高いスイスワインは安い」


高品質のスイスワインを他国の同等のワインと比較すれば、スイスワインはリーズナブルな値段であることがわかります。

​魅力の宝庫スイスワイン

ずばりその「美味しさ」がスイスワインの魅力です。

しかし、美味しいワインはワイン産出国ならどこにでもあります。

スイスワインの最大の魅力は豊かなオリジナリティです。

フランスやイタリアといったワイン大国ではほとんど栽培されていないぶどう品種を使い、それらワイン大国に遜色のないエレガントさや、深い味わいのワインが多く造られています。
通常赤ワインを造るメルロ種を使って白ワインを造っているのも豊かなオリジナリティを表している代表的な例といえます。

また、多様性もスイスワインの魅力の一つです。

小さな国であるにもかかわらず4つの公用語(ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語)が話されている文化的にも多様な国です。

アルプス、川や湖によってもたらされる自然条件も様々であり、ワインも多様な品種から造られ、味わいもバラエティに富んでいます。

希少価値もスイスワインの魅力といえます。

冒頭お伝えした通り、そのほとんどが国外に出回らないため、多くの方がその存在をご存知なかったり、味わったことがないという希少性もワインマニアの心をくすぐるのではないでしょうか。

「食通が最後に辿り着くワイン」といわれるスイスワインを是非ともお試しください。

スイスへの訪問は30回を超え、26全州を訪れた自称「日本 No.1のスイス愛好家ヘルベティカ森本」が現地の情報をブログで紹介しています。

人気の記事は「メルロの白ワイン」です。

スイスワイン以外にもガイドブックに載っていないようなスイスの生活・文化もお伝えしています。

ぜひ御覧ください。

testlogo.png

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

特定商取引法に基づく表示  酒類販売管理者標識  SDGsに対する取り組み

©2019 Helvetica, LLC