スイスワインへの想い

森本純也 (合同会社ヘルベティカ 代表)

Junya Morimoto (CEO of  Helvetica)

スイスに魅了され、スイス各地を巡っている間に世界一のお金持ちを満足させることのできる高品質なスイスワインに出会う中で、こんな素晴らしいワインをどうしても日本のみなさまにも知っていただきたくなりました。

味だけでなく独自の理念と哲学に共感したワイナリーで、毎年ぶどうの収穫を手伝うなどして生産者との信頼関係を築きながら交渉を重ね、スイス国内にしか出荷しないワインを輸入しています。

貿易ビジネスも酒類ビジネスの経験も全くなかった私ですが、
「Beyond the Glass ワインを通じてスイス文化を日本のみなさまへ」を理念に故郷神戸で起業いたしました。

 

家族経営で大量生産できないこと、山がちの国土で畑の手入れや収穫は人手で行われていること、積み出し港までの陸送コストが高いこと、良い状態を保つために温度管理のされたコンテナで運んでいることなどから、大量生産・大量輸出されているフランスやイタリアワインに比べると価格は高いですが、私の想いの詰まった素晴らしいワインを一人でも多くの方に知ってもらいたいと願っています。

 

決して安くないワインですからデイリーワインとして毎日飲んでいただくことはできないかもしれませんが、ヘルベティカは週末のくつろいだひととき、家族・友人達との大切なひとときや特別なシーンでの食卓に華を添えることができる素晴らしいワインをセレクトしています。

 

グラスを傾けながらその向こうに見えるスイスにも想いを馳せていただければ幸いです。

Who I am

スイス系企業に31年勤務したのち、一念発起し、長年の夢であったスイスワイン専門商社「ヘルベティカ」を立ち上げました。

1994年に初めて出張でスイスを訪れて以来、その国のすばらしさに魅了され、26全州(+リヒテンシュタイン公国)を訪れるなど、自称日本No.1のスイス愛好家です。

スイスに1年在住、帰国後も毎年訪れており、訪問回数は30回を超えています。

料理することも好きで、自らブレンドしたチーズとスパイスで作るチーズフォンデュは国内では右に出る者はいないと自負しています。

その他チューリヒ風仔牛のクリーム煮、レバー煮込み、レスティ(ロスティ)などレパートリーも多彩で、皆様にぜひ知って欲しい、味わって欲しいスイス料理もたくさんあります。​レシピはこちら

Logo_Helvetica_no background.png

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

特定商取引法に基づく表示  酒類販売管理者標識  SDGsに対する取り組み

©2019 Helvetica, LLC