The Curator's Choice

A truly sustainable approach

真に持続可能なアプローチ
CANA wine (Settemaggio winery Monte Carasso)
and
the artwork MODULOR USURPER by Alek Slon

セッテマッジオ・カナはフレッシュで心地よい余韻を楽しむことができ、スイス南部で若いながらも熱心なワイン造りをしているワイナリーの想いが存分に感じられるワインです。
ドイツ語圏からアルプス連峰にあるゴッタルド峠を通る最長トンネルを南へ抜けるとそこはもうスイスのイタリア語圏の地方となります。
またさらにその先は地中海へと繋がっていきますが、ぜひその通過点であるイタリア語圏ティチーノ州に立ち寄る旅をお楽しみください。温暖な気候の恩恵を受け、壮大な風景が広がる豊かで美しい自然を堪能できるでしょう。

ポーランドの芸術家アレク・スロンは、ギリシャ神話のポリュペーモスを通じてSEEDのテーマでもある17SDG'sにアプローチしています。
その物語は産業革命時代のただ同然の社会にはびこっていた物質主義的な怪物を表現することで我々に問題を喚起しています。
社会において強欲さやその習慣に溺れてしまうと、それはいずれ地球を脅かし私たちに打撃を与えることとなります。
私たちはより良い社会や環境づくりのために、作業プロセスや生産ライン、そして資源の有効活用の施策を変えていかなければなりません。次世代の人々が今あるこの環境を楽しんで暮らしていくために、大切な自然や資源を守るためには、今こそ私たちが何か行動をおこさなければならないと考えます。


<ヘルベティカ解説>
キュレーターのRoy Hoferはスイス南部ティチーノ州で造られたワインをスイス・ドイツ語圏とイタリア語圏をつなぐ媒体、アレク・スロンの作品を神話と現代をつなぐ媒体と解釈し、どちらも離れた場所や時空をつなぐものとしてペアリングを薦めています。
また、持続可能な葡萄栽培をおこなっているワイナリーとSDGsを強く意識している作者の共通点を見出し、ペアリングを薦めています。

 

 


A truly fresh and sustainable mix of grapes and thoughts which form the wine CANA by the young and dynamic Settemaggio winery in the southern part of Switzerland. The longest street tunnel through the Alps the Gotthard connects the German and Italien speaking parts of Switzerland. But it is also the way from the north to the south and frankly speaking the way to the Mediterranean Sea. But before stopping at the ocean you should stop by and enjoy the beautiful Swiss canton of Ticino. Life there is influenced by a warm climate, a rich and beautiful vegetation surrounded by spectacular landscapes. 
The polish artist Alek Slon is dealing in his artistical approach to the SEED theme about the 17SDG’s a study of the Greek myth of Polyphemus. The story could be interpreted in a materialistic monster of a throwaway society which arisen from the industrial age. The greed of the markets and it’s customers habits hits the planet hard and in fact us. We need people to change working processes, production lines, and the way we deal with resources.
If we want our next generation and the generations to be followed to enjoy an intact environment we all must do something in order to preserve our nature and it’s resources…

Roy Hofer    

Caña.jpg

このワインはメルロとソービニョンソイエール品種のブドウで造られています。

クリアな果汁を得るために、茎を取り除かず、優しくプレスします(茎がクッションになります)。その後ステンレスタンクで低温発酵します。新鮮さとミネラル感をキープするためマロラティック発酵は行いません。

セッテマッジオ・ワイナリーでは多様なワイン生産を目指し、2001年より病虫害に耐性のある苗木を植え始めました。

耐性のあるぶどうを用いることは醸造学的にも興味深いものですが、なによりも農薬の使用量はごく少量に抑えられ、環境へのインパクトを減らし、より自然を尊重したものになりました。

このワインはどのようなシチュエーションの食前酒としてふさわしいワインです。
また、フレッシュでミネラル感を感じる味わいは、コース前半のお料理、魚介のリゾット、サーモンなどの川魚のシーフードにもピッタリでしょう。

The Merlot and Sauvignon Soyhières grapes are gently pressed, without removing the stems before pressing, to obtain the clearest possible must. Cold fermentation is carried out in stainless steel vats. To ensure good freshness and minerality, no malolactic fermentation is carried out. Special features: The resistant vines were planted in 2001 to diversify production. In addition to resistance to vine diseases, the vine is interesting for its good oenological properties. With these fundamental properties, they allow us to make a good wine and cultivate it in a way that aims at greater respect for the environment and nature. Pairing: Very suitable as an aperitif wine for any occasion. Its freshness and minerality also make it suitable for first and second courses such as risotto alla pescatora, river trout, salmon trout and seafood.

アレク・スロン
MODULOR USURPER

アレク・スロンは古代ギリシャ神話のポリュペーモス(オデュッセウスに敗れたキュクロプスの一人)とモダニズムの最も著名な象徴の一つであるコルビジェのモデュロール(コルビジェが独自に生み出した建造物の基準寸法の数列)を融合した作品「MODULOR USURPER」によって、ポリュペーモスの新しい解釈を提案しています。

サイクロプスは一つ目の巨人で、人間より大きく、力を持っており、壁と武器を作り上げたと言われ、権力と富を表します。

 

現代で言い換えるとポリュペーモスは人間による産業や経済発展による制御不能な力と言えるでしょう。
この怪物はつぎつぎとオデュッセウスの仲間たちを食い殺し、最後には自分自身を食べてしまいます。

今日では、人類は制御困難な複雑なプロセスを多く抱えています。永遠の進歩と成長を信じてきたモダニズムでは、不平等、環境の悪化や気候変動を引き起こしてしまいました。その結果として軍事的要素がより強まり、産業や社会的暴力など様々な問題を抱えることとなり、いわば現代のポリュペーモスを生み出してしまったのです。

 

アレク・スロンの作品は、古代神話と私たち現代世界の類似点に気づかせてくれます。オデュッセウスは彼の才覚と創造性を駆使してポリュペーモスの罠から逃れ打ち勝つことができました。私たちも定められた運命をより良いものに変換していくべく彼と同じような勇気ある行動をとっていかなければいけないのではないでしょうか・・・

 

With his painting MODULOR USURPER, Alek Slon proposes a new reading of the ancient Greek myth of Polyphemus, the cyclops defeated by Odysseus, melting it with one of the most prominent symbols of modernist belief, Le Corbusier´s Modulor, which submits every development to the human dimension. Cyclops, bigger and more powerful than man, builder of walls and weapons, and endowed with a one-eyed vision, represent a metaphor for the ingenuous striving for power and wealth. In contemporary terms, it may translate into the uncontrollable forces of industrial and economic development of mankind. In the original myth the monster, day after day, devours Odysseus‘ companions, promising him to be eaten last. Nowadays, humankind has become subject to complex processes that are difficult to control. Modernism with its belief
of everlasting progress and growth has proven to have created inequalities, environmental degradation and climate change, resulting in fostering military, industrial or social violence - a multifaceted contemporary Polyphemus, so to say. Alek Slon´s work invites us to reflect on these parallels of the ancient myth and our times. While Odysseus succeeds in defeating Polyphemus by using his genius and creativity to escape the trap, we are left to wonder whether we will be able to take similar actions to turn our destiny around.

alex slon2.jpg
alex slon3.jpg
alex slon.png